子供のうちなら何とか

昔であれば、英語を話せるのは特別な人という印象があったものですが、近年は特別な教育(英会話、留学)を受けずに就職した社員でも、英語をビジネスのツールとして活躍する人が増えています。 けれども多くの日本のお父さん、お母さんにとって、英語やっぱり、まだまだハードルの高い世界なのではないでしょうか。 そこで、お父さん、お母さんたちの願いは、自分の子供に注がれる傾向にあるようです。せめてわが子には、小さいうちからしっかりとした教育(英会話、留学)を受けさせてあげたい、という思いが募るのも無理はありません。 しかし、昨今多くみかける一般的な英会話教室に通わせても、なかなか思うような効果が実感できない、という声もよく聞かれます。ある教室では、学校の英語の授業と似たようなカリキュラムで、会話というよりむしろ受験英語を先取りした進学スクールの性質に偏っている、ということもあるようです。あるスクールでは低年齢層の教育に力を入れ、遊びやゲームを通して英語への抵抗を無くする教育を重視していることもあります。ただ、せっかく楽しく学んだ成果も、大きくなるにつれて子供の身体的経験から消えていってしまうことが多いともいわれています。 日本にいながら、子供のための英語教育(英会話、留学)というのは、やはり限界があるものなのでしょうか。 そのような懸念をもつお父さん、お母さんたちには、まず、英語教育についての考え方を大きく切り替えてみることが必要でしょう。 「言語学」の専門的な研究者をめざすというのなら話は別です。しかし、英語に困らない社会人に育って欲しいと願うなら、英語は学問の分野ではなく、あくまでも生きていく上でのひとつのツールにすぎない、と気持ちを切り替えることです。 英語を母国語としない国での英語教育(英会話、留学)の本質はそこにあります。子供のうちに受ける教育(英会話、留学)の本質は、英語を学習することではなく、英語というツールを使って、見ず知らずの文化の人と相互理解をはじめる醍醐味にあるのです。 お子さんに英語の教育(英会話、留学)を、と考えておられる親御さんは、「英語を習わせる」という考えから「コミュニケーションを味わわせる」という気持ちへの切り替えをおすすめします。

吸収するのが早いうちは

英会話学習を始めるにあたっては、カリキュラムが充実している英会話教室を上手く見つけることが重要であり、口コミやパンフレットなどを利用して、それぞれの教室のメリットを探ることが良いといえます。例えば、英会話を吸収するためには、個人の年齢や能力などによっても左右されることがあるため ~
 ⇒ Continuation