旅行に行く分には十分かも

海外の文化に興味がある人にとって、やっぱり一度は行ってみたいのが外国への旅行でしょう。 けれども、そんな多くの人達を待ち構えている問題が、言葉の問題なのではないでしょうか。いくら添乗員さんがいて、現地で通訳の方が待っていると聞かされていても、現地でまったく会話をしないわけにはいかないだろうと想像し、弱気になってしまう人も少なくないかもしれません。空港の入国審査が怖くてたまらない、ホテルで水が出なくなったらどうしようか、あるいは、知らない人に話しかけられたらどうしたらよいかわからない、など、不安な要素を考えたらきりがありません。 そんな不安をもちながらも、やっぱり誘惑にかられる海外旅行。そこで多くの人達は、お金をためることと同時に、会話スクールに通って勉強することを検討するのではないでしょうか。 しかし、とかく英会話教室というと、ビジネスのスキルを磨く人が勉強しているとか、TOEICのスコアアップを目指して資格をとろうとしている人が通っているとか、そんな高度な教育(英会話、留学)の場所というイメージが強いため、旅行目的で勉強しようとする人がたじろいでしまうこともあるようです。 しかし、そもそも英語を母国語としない国の人達のための教育(英会話、留学)は、学習者にネイティブと同じような言語感覚を身につけさせようという目的で行われるわけではありません。世界中どの国の人も、母国語という文化を軸として身体が出来上がっているのです。そこで行われる英語教育(英会話、留学)とは、異なる文化圏の人々の歴史や文化を相互に理解しあいながら、意思疎通をはかるための、いわばプラットホームとして機能しているのです。 英語は、必ずしも高度な教育(英会話、留学)を受けた人だけのものではありません。「海外旅行に行きたい!」という思いをもつ人にとっても、それは旅の質を高め、人生で最高の思い出をつくる上で大きな役割をはたすことになる重要な経験なのです。

海外旅行で英語圏なら通用する

英会話教室で定期的に英語を学び続けることによって、英語圏に海外旅行に出かけた際にも、十分に通用することができるため、多くの現代人にとっては大きなテーマとなっています。例えば、教育(英会話、留学)に対する関心を持っている人々の間では、理想的な英語学習のテクニックについて話題に上る機会が増えてきており ~
 ⇒ Continuation